業務支援

業務支援

1. 経営分析支援業務

経営分析では、自院の経営を取巻く外部環境、自院を構築している内部環境を分析することにより、自院の状況を客観的に評価するとともに、あるべき姿とのギャップを明らかにします。自院の現状に即した戦略検討ができる状態を導きだすことを念頭に置いています。

(1) 外部環境分析
  • 政策動向の分析
  • 地域の医療需要分析
  • 地域の医療供給状況分析(競合先・連携先の状況分析)
(2) 内部環境分析
以下のような視点からの確認・分析を行い、定量的評価、及び定性的な評価(職員の就業意欲)を行います。

【分析の視点】
  定量分析
(書面確認)
定性分析
(ヒアリング等)
1. 理念・方針  
2. 医療提供分野、目標と達成のための戦略
3. 組織体制
4. 社内制度・評価システム・業務分担(業務効率)
5. 財務状況・施設基準取得状況・アクティビティ分析・
医療安全への取組み状況・地域医療連携の状況
6. 人員体制・採用・育成方針
7. 院内の風土・職員満足度  
【分析の特徴】
  • ベンチマークの活用 …アクティビティ分析を行う際、特に活用します。
  • アンケート・ヒアリングの実施…当事業部特有の様式のアンケート、及びそれを用いたヒアリングを行うことにより、潜在する問題を抽出します。また、職員の方々に対するアンケートの実施は、自院のことを考える機会を与えるとともに、計画への興味・関心の向上に寄与します。
(3) 自院の現状の客観的評価、あるべき姿とのギャップ確認

外部環境分析、内部環境分析の結果を、以下のようなフレームワークを活用し、自院の現状評価、及び目指していることとのギャップを確認します(以下に記載するフレームワークは、あくまでも一例。)。

  1. SWOT分析
    自院の強み・弱み、そして機会と脅威を把握し、今後の戦略検討の材料とします(強み・弱み・機械・脅威をより多くの視点から適切に導き出すためにも、外部環境・内部環境の分析が重要となります。)
  2. GAP分析・ポジショニングマップの作成
    あるべき姿(調査時において既に自院のビジョンを有している場合)とのギャップがどこにあるかを把握し、ギャップを埋めるための課題(仮説)を検討します。
    ※ 必要に応じて、X軸、Y軸の2つの軸(軸の定義は様々)によって表現したポジショニングマップを作成し、目標とする病院(或いは競合先の病院)との差を視覚的に捉える対応も取り入れています。
  3. 方向性検討にあたっての論点抽出
    現状分析の結果、当院がどの方向性に進むか、病院としての価値判断を必要するとケースもあります。価値判断を必要とする問題を「方向性検討にあたっての論点」として抽出し、院内での協議がおこなえる状況をつくります。
実績はこちら
【所在地】
〒814-0001
福岡県福岡市早良区百道浜
2-4-27 AIビル8F 地図
TEL:092-833-7754
FAX:092-833-7766
【大阪オフィス】
〒541-0047
大阪市中央区淡路町3-5-13
創建御堂筋ビル3F 地図
TEL:06-6222-2275
FAX:06-6222-2280
【東京オフィス】
〒100-0011
東京都千代田区内幸町1-1-7
NBF日比谷ビル15F 地図
TEL:03-6205-7661
FAX:03-6205-7662